• カンボジア人技能実習生は勤勉さで人気

    日本では外国人技能実習制度として、開発途上国からの青年労働者を一定期間受け入れ、母国の経済発展・産業振興に役立つ技術を学んでもらう仕組みがあります。
    技能実習生にとっては技術習得の機会になると同時に、日本にとっては国際貢献の場となる大切な制度です。
    受け入れ期間は最長3年で、受け入れ方法は、企業が海外の現地法人や取引先企業の職員を直接受け入れて実習を行う場合と、商工会や企業団体が実習生を受け入れて傘下の企業において実習を行う場合があります。

    日本での就業が認められた実習生は、まず日本語や日本の習慣・マナーなどの教育を受け、その後各企業に派遣されて実務を開始します。
    技能実習制度が開始されて間もない頃は、技能実習生でありながら一般労働者と同等の仕事を課せられ、賃金や時間外労働に関するトラブルが多発していました。



    これは、技術を教えるという認識が受け入れ側に欠けていたためです。
    その後制度は改正され、技能習得期間のうち実務に携わる期間は労働者として扱われるようになり、賃金や拘束時間もそれに伴うものにすることが必須になりました。

    技能実習生の出身地はベトナム、フィリピン、タイなどアジア諸国が大多数を占めています。
    そのうち受け入れ人数に増加傾向がみられるのがカンボジア人実習生です。



    カンボジアにとって日本は最大の経済的援助国であり、カンボジア人の気質も日本人と似ていると言われています。

    彼らの多くは日本企業で働くことに興味や憧れを抱いています。
    こうした需要を受け、日本の受け入れ機関では、カンボジア人を対象としているところが増えています。

    外国人技能実習生を利用するなら此方のサイトです。

    カンボジア人実習生は勤勉さと熱意が好まれており、今後も受け入れが増えると予測されます。