カンボジアの技能実習生が英語教室で働く長所と短所 - カンボジアからの技能実習生が土木作業員をする長所
  • カンボジアの技能実習生が英語教室で働く長所と短所

    カンボジアの技能実習生が英語教室で働くと、即戦力になる、給料の高さに驚くなどの長所が期待可能です。

    技能実習生はカンボジア内では英語で話す機会が多いことから、英語教室で働き始めると、第一線級の活躍をしてくれます。
    教える相手は小学生から大学生、または急遽英語を学ぶ必要が生じた社会人など様々です。



    意志の疎通の難しさについては、通訳がいるので問題なのも良い部分です。


    あと、技能実習生が初めて給料をもらった時は、その金額の高さにびっくりすると思われます。

    日本は経済大国なので、物価も高いことから給料が高いため頑張って働くほど高収入が可能です。
    なので、自然と英語の授業に力が入ることになります。
    教え方が毎回同じだと飽きるので、手法を変えてみるのも悪くないです。

    特別なカンボジアの送り出し情報を豊富に提供しています。

    例えば、教科書だけでなく自作のプリントを用意して、ゲーム方式で理解できるようにすると、遊びながら学べるので頭に入りやすいです。
    短所はホームシックにかかることがある、期限が来たら故郷へ帰らなくてはいけないなどです。

    授業に身が入らず常に故郷のことを考えてしまう時は、ホームシックにかかっています。

    カンボジアへ国際電話をかければすぐに治りますが、家族から叱咤激励される結果になることもあります。
    カンボジアの両親にお願いして、家族の写真を送ってもらうのも良い手法です。

    あと、期限が来たらカンボジアへ帰る必要があります。


    ただ、技能実習生がSNSをしていた際は、同じようにSNSへアカウントを作成すれば常に会話を交わせます。