カンボジアからの技能実習生をラーメン屋が受入れると - カンボジアからの技能実習生が土木作業員をする長所
  • カンボジアからの技能実習生をラーメン屋が受入れると

    カンボジアからの技能実習生をラーメン屋が受入れた時は、前代未聞の珍事なことから、周囲に住む人々が見物に訪れます。

    彼らの目当てはカンボジアから来た技能実習生ですが、ラーメン屋に入って注文をせずに店を出るのは難しいです。
    そのため、何か注文をしてくれるので、店長からしてみると迷惑な存在ですが、逆に有り難いお客達なため何も言わないと想定されます。

    ただ、写真を撮影されると、音がラーメンを作る妨害行為にあたることから、店長が怒りだす結果につながります。


    なので、客達は黙って料理を食べながら技能実習生を見学します。
    あと、仕事内容は麺作りと調理の補助、客から出された注文の料理を届ける作業、レジ打ちなどです。麺作りは営業時間外に行うので問題ないですが、レジ打ちを教える作業は一から教えないといけないです。

    ただ、カンボジアにいた時に、レジを打つ仕事をした経験がある際は、すぐに日本のレジに慣れてくれます。



    ラーメン屋が受入れ先となったのは、カンボジアで何らかの麺料理を作っていた経験がある証拠と言えます。



    ただ、手打ちでラーメンを作る作業は無難にできますが、スープ作りに関しては店長に教わる必要が生じます。
    意志の疎通に関しては通訳がいるので、ラーメンに関する専門用語以外なら無難に訳してくれます。

    様々な分野のカンボジアの実習生が最近こちらで話題になっています。

    メニューの名前も英語や中国語に近い雰囲気があることから、すぐに発言の仕方から内容まで覚えてくれます。
    ラーメンの味付けがアジア人好みなのも良い部分です。