• 技能実習生がカンボジアで日本で学んだことを広めると

    日本で仕事をして帰って来た技能実習生は、カンボジアの故郷へ日本で知り得たことを伝えていきます。
    例えば自動車工場で働いていた場合は、日本で働いていた時のことを思い浮かべながら、カンボジア内の自動車工場で働き始めます。


    そして、技能実習生として働いた経験と知識を工場内の人々へ教えていきます。

    カンボジアの技能実習生は評判がとっても良くて有名です。

    すると、工場内に技術革新のようなものが起こり、仕事の効率化ができるようになります。



    そして、生産力が上昇し、今迄よりも沢山の自動車を短期間で作れるような状態に変化します。


    工場の社長にとっては、技能実習生を採用して正解だったと言えます。


    土木作業員として日本で働いていた場合は、カンボジアの各地域で発生する、水道管や側溝工事を自身で請負い始めます。
    見事な手際で依頼をこなしている時は、カンボジアのテレビや新聞で話題になり、技能実習生を知らない人がいない状況になっていきます。


    顔を見られる度にサインを求められるので、鬱陶しいと感じるかもしれません。


    ですが、人気化したのは悪いことではないので、内心は嬉しいはずです。

    日本のラーメン屋で働いた経験がある時は、カンボジア内の食堂で働き始めます。



    そして、その食堂で自身が日本で学んだラーメンの麺を打つ技術を披露し、こっそりと学んだスープを作成して、食堂内の同僚達を驚かせます。


    ラーメンが美味しいと好評を得た場合は、食堂のメニューの1つにしてもらえます。

    その結果を知った時は、技能実習生として日本で働いてよかったと満足するはずです。