水漏れ修理についての注意点

日常生活をする上でこの水漏れほど困ることはありません。水は電気と同様、現代人にはなくてはならないもので一日でも欠かすことが出来ません。大規模地震などで水道が壊滅的な被害を受け断水などで給水車の列に避難者が並んで列をなしている姿をテレビや報道で見るたび、改めて水の大切さをしみじみ感じるものです。このように大切な水ですが、家庭の中では、キッチンをはじめトイレ、洗面所やお風呂場など常時使用される場所ばかりであり、何か水漏れがあったりすると大騒ぎになる部分です。

水道部品は特に消耗品的な部分もあり、パッキン等や一部のパイプなどは経年劣化により水漏れがおきる可能性が大きいものですが、なかなか事前に発見できないのが悩みの種です。パッキンなどは蛇口等の中にあるもので劣化等で破損しなければ水漏れ修理をしないのがほとんどで、水漏れがあって初めてパッキン交換になる例がほとんどです。また、地域によっては水道水の消毒にかかる塩素の関係で水道蛇口自体の締めつけ金具が塩素により腐食するなどの影響により水漏れ修理が必要になる場合があります。いずれにしても、個人ではなかなか水漏れ修理もうまくいかないことがありますので、しっかりとした市町村指定の水道業者に依頼することが賢明です。

最近は、チラシなどの低価格を装った水道業者の宣伝が多くありますが、消費者センターでもたびたび問題になっていますのでこのような業者には、安くても絶対に依頼しないよう注意が必要です。緊急時に水漏れ修理は市町村の自治体に、修理当番があるところがありますので、まずは相談してみることが肝要です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.