浄水器のタイプ別による使い勝手の違い

水道水の味を大きく改善することのできる浄水器は、都市生活者にとって必需品とも言えるほどに普及しています。浄水器には水道水を注ぎ入れて使用するポット式、水道の蛇口に接続して使用する蛇口直結式や据え置き式など様々な方式が存在します。またスタイリッシュな蛇口一体型や、システムキッチンに組み入れられることの多いビルトイン式もあります。それらの中で価格帯が最も安価なのがポット式です。

この方式のメリットは、手軽に持ち運びができるということと、冷蔵庫の中に入れて直接浄水を冷やすことができるという点です。冷たくて美味しい浄水を手軽に飲むことができ、そのまま食卓に運ぶという使い方も可能ですので、根強い人気があります。浄水性能は高級機と比較するとそれほど高くはありませんが、カードリッジも求めやすい価格ですので、維持費が安いというメリットもあります。人気が高い浄水器のタイプは、蛇口直結式です。

価格帯も幅広く、数千円の安価な製品から1万円を超える高性能機もあります。使いたい時にすぐに浄水を出すことができるというメリットがあり、比較的場所も取りませんので設置場所を選ばないという点も支持されています。多くの機能を備えた据え置き式や、超高性能の逆浸透膜フィルターを採用した高価格帯は、水に徹底してこだわりたいという人に好評です。料理専門店での採用例も多く、プロの方に好まれているタイプの製品ですが、一般家庭への設置例も増えてきています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.