雨漏りでも保険適用されるの?

雨漏りをした場合、ほとんどの方が自己負担して修理しています。自己負担が当たり前だと考えている人が多いのですが、実はその考えは間違っています。雨漏りだとしても、条件をクリアすることができていれば保険適用されて負担が0円で修理することができます。気になる条件ですが、発生している原因が風災かどうかです。

劣化による雨漏りに関しては、風災とは一切関係していませんので適用外となります。しかし、台風や強風によるものや豪雨により発生した破損の場合だと適用となり、保険を受けられるようになります。ただ、素人判断で保険適用されるのかそれともされないのかは判断することができませんので注意が必要です。明らかに風災によるものと判断できたとしても、保険会社がNGと判断してしまうと適用されません。

また逆もありで、経年劣化だと判断できたとしても、何かしらの影響で破損していると保険会社が判断してくれれば適用されます。適用されているのかどうかがわかりませんので、雨漏りをしていたら相談してみることがオススメです。また、加入しているプランによって風災だとしても補償が受けられない可能性が出てしまいます。どのようなプランに加入をしていて、雨漏りに対しての補償が受けられているのかどうかを確かめてください。

もし加入しているプランが十分ではないと感じていたのなら、一度見直しをして切り替えることも大事になりますので覚えておくようにしてください。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.