雨漏りを保険で修理することはできるのか?

台風や嵐などの時に、家の中で過ごしていると思いも掛けない場所の天井から水か漏れてきた経験や、天井のシミが少しずつ広がってきたりして、不安な思いをしたことがある人は少なくありません。雨漏りを起こしていれば、そのまま放置をしてしまうことは当然できません。家の中が水で濡れてしまいますし、天井板や周囲の劣化も早くなってしまいます。とはいえ、急にそのような状況になった時には、修理費用を捻出することが簡単出ない場合もあります。

雨漏りを保険で修理することができたという噂を聞いたことがある人は意外にたくさんいます。実際にそれを利用して自己負担を捻出せずに修理をすることが出来るのでしょうか。実は雨漏りを修理できる保険の種類は2種類あるのです。築年数が10年未満の場合には、住宅瑕疵担保責任保険が利用できます。

この制度は、新築住宅に瑕疵があった場合には、補修等を行った事業者に保険金が支払われる制度です。このために、自己負担を支払わずに修理が可能なのです。築年数が10年を過ぎていた場合でも、火災保険を利用して間接的に雨漏りを補償してもらえます。一昔前までは、火災のみがこの対象になっていましたが、現代社会においては風災や雪災、ヒョウ災や落雷なども補償対象になっています。

このために、これらの風や雪、ヒョウが原因で雨漏りが引き起こされている場合には補償が受けられる仕組みになっているのです。まずは、加入している会社に確認してみることが大切です。風災補償についての記載はパンフレットなどにも載っています。経年劣化と思っていても、何かしらの風災を受けている可能性がある為に、自己判断であきらめないことも大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.