雨漏りの修理費用を保険で支払う場合の流れ

規定を満たした風を伴った風雨によって雨漏り被害が発生した場合、その修理費用に保険を利用することも可能です。この場合、火災保険の風災補償に加入していることが第一の条件です。風災補償は、ほとんどの場合は自動的につけられているものですが、ごくまれにオプション契約の場合もあるので、事前の確認が必要です。その流れですが、まず雨漏り被害を発見した場合は、専門業者に調査や修理の依頼を行います。

ここでは、いきなり火災保険の会社に連絡を取るのではないと言う点に注意が必要です。専門業者に依頼をすると、然るべき調査が行われます。その後、修理が必要となった場合には見積書などが作成されるので、もし、その雨漏り修理に対して補償を受けたいとなった場合は、その見積書の内容と共に、その旨を保険会社に連絡します。ここでは必ず、強い風を伴った雨により雨漏り被害が発生したことを明確に伝えることが大切です。

実質、この電話が補償申請の電話とも言うことができるので、ここでははっきりと、補償範囲である被害が発生したことを伝えるのが、重要だと言うことです。すると今度は、保険会社から調査員が派遣されてきます。調査の結果、雨漏り被害が認められる、また条件を満たしていることが確認できたり、専門業者の見積内容などが相当であると判断されると、補償金額が決定され、その支払いが行われると言う流れです。なお、調査員の派遣や調査に伴い、申請から実際に補償金が支払われるまでには、結構な期間を要することもあります。

ですから、できるだけ早めに連絡を取ることもポイントです。その後は、専門業者による修理が開始されます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.