雨漏り修理で保険が下りるケース

雨漏りによる被害については一般的に火災保険の対象外になることが多いのですが、条件さえそろえばお金が支払われるケースがあります。どのようなケースが対象になるのかというと、外壁に損壊があれば対象になることが多いです。外壁に損壊があると認められれば、風災に該当するので対象と判断されます。ただしゆっくり劣化した場合は、経年劣化と判断されて対象にはならない可能性が高いです。

外壁に損壊があって雨漏りしている場合、保険が支払われる可能性があります。屋根は日々風雨に晒されていて被害が出るケースが多く、瓦のずれや壁の割れにより雨水が入ってくることはよくあります。自分で見てもよくわからない場合は業者に確認してもらうのが一番です。屋根に被害があって雨漏りしている可能性は十分にあるので、業者に見てもらって被害箇所の写真をとってもらうようにしましょう。

屋根の修理業者は、保険請求についてよく知っているので、信頼できる業者であれば依頼する価値はあります。ただし、中には悪質な業者がいるので、依頼する時は必ず口コミで評判の良い業者を選ぶことです。悪質な業者については、あらかじめマークされていて、提出した写真や見積もりが採用されないことがあるので注意しましょう。風災による被害と判断された場合、雨漏りでも保険対象になる可能性は高いのですが、大事なのはいつ被害が発生したのかを保険会社に伝えることです。

単純に雨漏りと伝えると経年劣化と判断されることがあるので、その日に壊れたということを伝えて、被害請求することが大事です。トイレつまりの漏れのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.