雨漏りは火災保険が適用されるのか

突然起こった雨漏りは、どうしたらよいのかとあわててしまう人も少なくなく、あわてて修理業者に電話をするという人も多いかもしれません。ただ、雨漏り修理を行う際には、修理の技術だけではなく、建物の構造などの知識もきちんともっていないと、雨の浸入場所をきちんと判断することができず、修理を行ってすぐにまた雨漏りが起こってしまうということになってしまいます。そのため、信頼できる経験豊富な修理業者に依頼することが大切です。雨漏りというと、屋根が原因だと思いこんでいる人もいるかもしれませんが、実はベランダや外壁などからも雨が浸入してしまう場合があります。

特に、外壁というのは、日々紫外線を浴び続けていますから、劣化がすすみ、塗装が漏っている防水機能も徐々に低下してしまいます。また、塗装のはがれやひび割れなどがあると、そこから雨水が浸入してしまいますし、飛来物によって傷が付けば、そこから雨が浸入することになります。そのため、屋根や外壁塗装は、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。特に、外壁塗装は、10年程度で防水機能はほぼゼロとなってしまいますから、それまでにリフォームを行うことが大切です。

ただ、気を付けないといけないことは、外壁塗装業者の中には、悪徳な業者も存在し、必要な工程を省いてしまったりして、十分な防水機能を得られない場合もありますから、複数の業者から見積もりを取り、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.