火災保険と雨漏りとの関係

火災保険というのは、損害保険の一種で、建物や建物の中に収容された物品の火災や自然災害による損害を補償する保険です。住宅を購入した場合には、この火災保険に加入していますから、万が一火災や自然災害にあって、建物や家財が損害を受けた場合には、申請することで保険金を受け取ることができます。火災は、失火だけではなく放火やもらい火によって起こる火災で生じた損害を補償してくれます。ただ、気を付けないといけないことは、寝煙草が原因だった場合には、重大な過失となりますから、補償の対象外となるケースがほとんどです。

水災は、台風や暴風雨、洪水などによって受けた損害が補償され、床上浸水または地盤沈下から45センチを超える浸水による場合などは、保険の対象となります。ただ、雨が原因で雨漏りが起こったとしても、それは水災とはなりませんから火災保険の対象とはなりませんから、注意が必要です。水災で雨漏りが補償されないため、保険の申請を行わない人もいるかもしれませんが、台風や暴風、突風、竜巻などによって瓦が飛んでしまったり、雨樋が壊れてそこから雨水が浸入して雨漏りを引き起こしたような場合は、風災と判断されて火災保険の対象となります。素人では、経年劣化による雨漏りなのか、自然災害によるものなのかを判断することはむずかしいため、専門家に鑑定を依頼するとよいでしょう。

雨漏りは放置すると被害が拡大してしまいますから、できるだけ早く対処をとりましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.