火災保険の適用となる雨漏り大阪

火災保険は、火事だけではなく落雷や雪、風、雹などの自然災害によって起こった被害も補償の対象となります。雨漏り大阪が起こった場合、その原因が突風や台風などの風によって起こった場合には、火災保険の適用となることがありますが、地震によって起こった瓦のずれや外壁のヒビなどは、火災保険ではなく地震保険の対象となってしまうため、保険金は出ませんから注意が必要です。また、経年劣化によって起こった雨漏りも、火災保険の適用外となってしまいますから、定期的に屋根や外壁をチェックし、メンテナンスを行うことが重要となります。雨漏り大阪が起こった場合、まず最初に行わないといけないことは、雨水の浸入箇所を発見することです。

明らかに外壁の亀裂が原因というように、理由がわかっていれば自分で対応することもできますが、ほとんどの場合は、素人では浸入箇所を発見することはできません。そのため、雨漏り大阪を発見した時には、専門の業者に雨漏り検査を依頼し、原因を突き止めて適切な見積もりを出してもらうことが大切です。専門の業者の場合には、特殊な水を放水して雨漏りの箇所を発見することができますから、必要な箇所だけの修理に抑えることができます。未熟な業者の場合は、原因を突き止めることができないため、大がかりな修理やリフォームを行い、莫大な費用がかかることもありますから、優良な業者を選び悪徳な業者にはひっかからないようにしましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.