雨漏りに修理は火災保険が適用される

通常、雨漏りや水漏れなどの水の災害や事故には、火災保険が適用されますが、すべての雨漏りが補償されるわけではなく、補償されるかどうかは原因次第となります。火災保険というと、火事での被害にあった場合に補償されるというイメージが強いかもしれませんが、風災や落雷、雪災、水災など多種多様な自然災害に適用される保険です。雨が原因で起こる被害のため、水災と思われがちですが、実際に火災保険に適用される可能背があるのは、風災補償となります。風災補償というのは、強風や突風などの風による災害を対象としたもので、そういった風によって屋根や外壁が破損して雨漏りが起こることが多いため、風災補償となっています。

そのため、雨漏りの原因が自然災害によって起こったと認められれば、保険金が支払われます。ただ、気を付けないといけないことは、火災保険の補償対象となっているのは、あくまでも自然災害によって家屋が破損した場合となっていますから、老朽化や経年劣化による雨漏りは対象外となってしまいますから、注意が必要です。また、突風や台風などの自然災害を受けた損害であっても、長期間放置してしまうと、自然災害と立証しにくくなってしまいますから、できるだけ速く申請することが大切です。雨が浸入してしまうと、建物内部の構造まで傷んでしまい、最悪の場合建て直しが必要になることもありますから、定期的に外壁や屋根のメンテナンスをおこなうことが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.