火災保険が適用される雨漏りとは

あまり知られていませんが、火災保険には台風や強風などで瓦が飛んでしまったような場合には、火災保険を利用することができます。ただ、経年劣化によって起こった雨漏りなどは、基本的に火災保険では補償されませんから、あくまでも風や雪、雷などの自然災害が原因で破壊された場合に適用されるものとなります。保険が適用される典型的なケースとしては、台風で屋根の一部が飛んでしまった。風で飛来物が屋根にあたってしまい、一部を壊してしまった。

雪の重みで雨樋が壊れてしまったというようなケースでは、火災保険が適用されますから、保険の申請を行うことができます。雨漏りは、放置しておくとどんどん家の内部を浸食してしまいますから、できるだけ早期に修繕する必要があります。雨漏りを放置してしまったばかりに、リフォームでは対応できず、建て直しが必要となってしまう場合もありますから、発見したら、すぐに修理を行うことが大切です。火災保険は、2年前にまでさかのぼって請求することができますから、後から保険が適用される工事だということが判明したときには、申請することができます。

ただ、風災などが原因で起こった雨漏りだということがきちんと証明されないと、補償されない場合がありますから、できるだけ速く修繕することが大切です。気をつけないといけないことは、20万円以下の工事では適用されないこともありますから、保険会社に確認しておくことも大事です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.