雨漏り修理に火災保険が適用されるケースとは

雨漏り修理に火災保険が適用されるかどうかは、屋根などが破損した原因によって、異なっています。雨漏り修理に火災保険が適用されるのは、台風や強風などの自然災害によって、屋根や壁に破損が生じたケースです。こうしたケースでは、保険に含まれている風災補償が適用されるため、修理費用を補償してもらえます。逆に、保険が適用されないケースとしては、経年劣化による屋根の傷みや破損などが挙げられます。

とくに風災などの要因がなく、古くなり自然に隙間ができたり、破損したという場合です。しかし、風災による破損なのか、経年劣化によるものなのかは、素人では判断しにくいといわれていますので、自己判断は避けた方が良いでしょう。たとえば、非常に古い家で屋根が破損したという場合でも、完全に経年劣化だけが原因と判断されるケースは、意外と少ないといわれているのです。火災保険が雨漏りに適用されるかどうかは、個々のケースによって異なりますので、専門家に依頼して、検査をしてもらうのが良いでしょう。

風災補償の適用を受けるためには、被害を受けた日から3年以内に申請を行なう必要がありますので、屋根にトラブルが生じたら、早めに専門家に相談をすることが大切です。屋根の修理は費用が高額になる場合もありますので、補償が受けられる場合は速やかに申請を行い、修理費用の負担を減らしましょう。手続きや申請についての相談を受け付けている会社もありますので、そうしたところに修理を依頼するとスムーズです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.