雨漏りは火災保険が適用できるときがある

住んでいる家で雨漏りが起きたとき、修理が必要となります。修理費用に頭を悩ませることが少なくないでしょう。しかし、そのような事態になったときは、火災保険で対処できる場合があります。突風や台風などの強い風で屋根が破損したときは、火災保険が適用される事例とされているでしょう。

ただ、雨漏りが起こった場合は常に火災保険が適用されるわけではありません。あくまで突風や台風が原因だと判断されたときです。家は建ててから年数の経過とともに劣化していきます。それは屋根も同様です。

そのため、完全に経年劣化による雨漏りだと判断されたときは火災保険が適用されず、自分で修理費用を払う必要があります。屋根から雨漏りがした場合、新しい家でなければ経年劣化だろうと考えてしまうこともあるでしょう。また、実際に盛れている部分を見てみて、劣化を感じたときは保険の適用は難しいのではないかと考えてしまいがちです。しかし、判断をするのは保険会社の人です。

自己判断をせずに保険会社に現状を説明して相談してみましょう。ただ、明らかに保険が適用できない事例もあります。新築当初から雨漏りをしている、前回修理したところから再び漏れ出した、屋根に何かを設置して漏れ出したというときです。そうしたときは修理費用の捻出が必要となります。

他にも適用できない事例がありますが、あくまで判断をするのは保険会社の人であるということを忘れずに、保険会社に相談をしてみましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.