雨漏りと火災保険の関係~条件について

雨漏りによって発生した被害、屋根や外壁の損傷を修理した際、発生した費用に関しては火災保険の補助を受けることができる場合もあります。ただし全部が全部、無条件にこの保険が適用されると言うわけではなく、そこには一定の条件をクリアすることが求められています。どのような条件が必要なのかと言うと、まずは加入している火災保険の補償範囲に風災が含まれていることです。雨漏り被害と言うと水害とイメージを抱く人が多いかもしれません。

しかし火災保険が適用される場合の雨漏りの被害に関しては、風災の扱いがなされます。この保険において風災補償は、基本的補償のひとつとして含まれていることが多いです。ただ稀に任意選択の場合があるので、あらかじめ確認しておくと良いです。それから、風災補償が適用される条件である、強い風と言うのをクリアしていることも必要です。

強い風により屋根などが壊れ、その結果、雨漏りが発生した際には火災保険が適用できると言うことです。この強い風と言うのは、最大瞬間風速20m/秒以上の風のことです。これは台風などに見舞われることが多くなってきている日本においては、1年の内、何度か吹いていてもおかしくはない程度の風です。よって強い雨を伴う台風、強風により損失が発生した場合は、ほとんどはこの条件はクリアできていると言うことができます。

更に、屋根の損失が住宅の劣化によって発生したものでないと言うことも条件です。つまり見るからに住宅が劣化しており、損失を受けた以外の部分にも経年による劣化が見られた場合には、経年劣化と判断され、火災保険は適用されなくなります。この判断は、住人でも業者でもなく、第三者機関が公平を期すために行います。ですから日頃から建物に対するメンテナンスは怠らないようにし、経年劣化を修繕しておくことが大切です。

排水管つまりのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.