火災保険で補償される雨漏りとは

通常、台風やゲリラ豪雨などの雨が原因での雨漏りは、火災保険の対象外となるため、補償されません。ただ、台風によって瓦が剥がれたり、飛来物があたったことで傷が付いて、そこから雨水が浸入して雨漏りした場合には、火災保険で補償されます。雨漏りの修繕費用は、工法によって変化します。早期に雨漏りに気づいて、雨水の通り道をふさぐだけで対応できた場合には、数万円~10万円程度で抑えることができますが、大がかりな修繕となると、下地や防水シートの修繕や防水塗装なども必要となりますから、かなり高額な費用がかかる場合があります。

雨漏りが気になっても、費用面が気になって躊躇してしまうという人もいますが、台風や突風などの風災であれば、火災保険が適用されますから、早めに修理することが大切です。火災保険を申請するときには、業者への見積もりや被害箇所の写真、内部の写真などが必要になりますから、きちんと写真を撮っておくことが大事です。通常なら火災保険の対象となる場合であっても、申請時期が遅くなってしまうと、風災との関係が証明できない場合もあり、補償の対象外となる可能性もありますから、できるだけ早期に申請を行うことが大事です。ただ、気をつけないといけないことは、きちんとした工事業者を選択しないと、屋根の状態が悪化してしまう可能性もありますから、事前に業者選びを慎重に行うことが大切です。

できれば、複数の業者の見積もりを取るとよいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.